最後の最後に、エレンの想いも伏線回収で報われていた?【進撃の巨人】【ネタバレあり】


このエントリーをはてなブックマークに追加

いま皿を洗っていて、ふと思い至りました。
もしかしたら、単行本最後の「進撃のスクールカースト」で、エレンの伏線回収があったかもしれない、と。

---

進撃の巨人で、エレンは、言い訳のしようがないくらい歴史的な大罪人となりました。
しかし本心では、「本当は仲間と一緒にいたい」と痛切に願っていたことが描かれています。

エレン:「…死にたくねぇ」「ミカサと…みんなと一緒にいたい…」

本編では、エレンのこの想いは、報われないまま終わります。

この点、ちょっと引っかかる人もいるのではないでしょうか? 僕もそうでした。

・エレンに何か救いはないのだろうか?
・あんな大虐殺しておいて、救いなんてあるわけないだろう

こういう気持ちを行ったり来たりする感じです。

しかし。
物語上ではエレンの救いはありませんでしたが、進撃の巨人という漫画全体では、もしかしたら、最後に想いが報われていたのではないでしょうか?
それが、最終2ページ、「進撃のスクールカースト」の、このセリフです。

エレン:「お前らと映画観れて楽しかったよ…」「もし…次回作があったら…また観に行こうな」

エレンは、仲間と一緒にいるという願いを、叶えることができたのです。

もちろん本編のエレンとスクールカーストのエレンは物語的には完全に別人です。
しかし両方ともエレンだし、エレンの顔をしている。まあ細い細い糸で、諫山さん作者自身の中では、シンクロさせてもいいくらいな感じだとして。

このセリフをもって、ある意味でエレンも報われました、と、読者側は思ってもいいのではないかと思いました。

そう思って読むと、このコマ、すごくエモいじゃないですか。
照れながらボソリと本心をつぶやき、言われた側も同じ想いを共有していることがわかる。
パロディにしては、あまりにも素敵なシーンだなと思うのです。

さらに妄想を進めると。
最後のセリフに、

アルミン:「あの三人の幼馴染も実在してたらいいのにね」
エレン:「うん…そうだな」

という微妙な溜めがあることにお気づきでしょうか?

深読み勢は、ここで、「もしかしたら『進撃のスクールカースト』のエレンは『進撃の巨人』のエレンの記憶を引き継いでいるのではないか?」と妄想することもできるのです。

本編最後は、(僕は違う見方をしていますが)巨人が復活するかもしれない雰囲気で幕を閉じます。
あのシーンと、スクールカーストが同時代、同時期のことを描いていたのだとしたら。

復活した巨人と巨人がいた時代の記憶を宿しているスクールカースト・エレンの物語が「次回作」として描かれる可能性も……ないと思いますが、想像することはできます。

うーん、進撃の巨人面白いなあ。
何度も何度もリフレインして読んでしまいます。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。