父のファンタスティックな快適睡眠法


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

不眠症気味で悩んでいる僕に、父がアドバイスをくれました。

父は若い頃から、「特技はどこででもすぐ寝れること」だったそうです。社会人になってからも、不眠で悩んだことは一回もないとのこと。こと眠ることに関してだけは、誰にも負けない自信があるようです。
そんな父が、自分が眠りに落ちるときのイメージを、教えてくれました。以下、父が話したことを、脚色なく、そのまま記述します。

 

「ブナ林の中に大きなブナの木があってね、
その木の根っこにがあいていて、
落ち葉がフカフカに敷き詰められてるんだ。

自分はアナグマでね、
その穴の中に入って、フカフカの落ち葉に包まれて、寝るんだよ。

だからお父さんは、寝るときは、
『おやすみなさい』じゃなくて、
今からアナグマになります』って言うんだ」


 
 
 
 
……なんでそんなにファンタスティックなんですか(泣)?  

「歌もあるんだよ。『アーナーグーマの父がいるー、アーナーグーマの母がいるー……』」
 
ウルトラマンタロウの替え歌ですか? 何故ですか(泣)?

「アナグマだからねぇ」

……判りません(泣)。とにかく僕は、自分の実の父親が、毎夜毎夜、おとぎ話のようなロマン溢れる世界を夢想してベッドインしていることを知り、軽くショックを受けました。

でも、確かに気持ちよさそうで、有効かもしれません。さっそく今夜試してみよう……かな……

sleep2004040301.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。